totomaruの なんでもない日常が全て

アクセスカウンタ

zoom RSS 成長痛?神経痛?

<<   作成日時 : 2007/12/30 11:06   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

数日前の夜。お風呂にも入ってもう寝るだけとなったくらいに、
ケロ太がいきなりの号泣。

「足(ひざうら)が痛いよ〜〜〜

あまりの泣きっぷりにこちらもびびります。

でもぶつけたわけじゃないし、ひねったわけでもない。

「ぼく、何もしてないよ!ぼくじゃないよ〜〜」

と慌てて弁解するのはバム也。(ずいぶん口が達者になりました)


これは成長痛かなぁ。わたしにも覚えがあるしね。
とりあえず救急病院に行くのはやめて、抱っこしてるうちに寝てしまいました。

ネットで調べてみると。。。。

まず症状は、日中、痛みもなく、元気に走り回っている子どもが、夕方から夜になると特に膝周辺の痛みを約30分〜1時間程度訴え、大声で泣くぐらい痛がる時もあります.ところが、翌朝になるとケロッとして、元気に走り回っているのが特徴です.また、痛みの部位が変わったり、痛みの部位を忘れたりする事もあります.しかし、関節が動きにくかったり、腫れたり、熱をもったりすることはありません.
 部位は、最も多いのが膝関節周辺で、次にふくらはぎ、足首、太もも、足の付け根などです.ただ、膝関節周辺に多い理由は、まだはっきりと判っていません.
 好発年齢は、2〜7歳の子どもに多く、男児では5歳、女児では4歳にピークがあります.


おおお!まさにそのとうり!
年齢的にも症状的にもぴったりだわ〜〜。
こりゃ、成長痛で間違いないね^^

『成長痛』という病名は、小児期の特に夜間に起こる原因不明の下肢の痛みに対して用いられます.かつては、急激な成長に伴う成長線への負荷による痛みとされていた時期もありましたが、正常な成長過程において激しい痛みを伴う成長などは存在しないとされ、現在、この説は否定されています.従って、この『成長痛』という名称は、不適切であるという説もあります.



え、ち、違うの?なに、なに?

成長痛の誘因の一つとして、母子関係、特に母親の性格が関与されていると言われ、過干渉の親のもとで神経質になった子どもに多いようです.



ええええーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


わ、わたしのせいですかぁぁあぁーーーーーー!

大慌てでネットめぐりをすると、成長痛肯定派と否定派に別れるみたい。

わたしも小さい頃に経験してるのだから、気のせいってことはないし(ほんとに痛いのよ)、
そのあと急激に背が伸びたんだよなぁ。
だから、「母子関係のなんたらかんたら」ってのはちょっと・・・・・どうなの?


なんだかへこみます。


とりあえず一日様子を見ていたのだけど、心配になったので翌日小児外科へ。

先生はケロ太の顔を見るなり、

「あ、これは成長痛だね」とのこと。

ほんとに痛い(怪我とか打ち身)ときと表情が違うそうだ。←ほんとか?


おずおずと、ネットで読んだ「母子関係」のことも聞いてみると、

「はっはっは!おもしろいね!」と笑い飛ばされてしまいました(笑)
>薬なし 通院なし 病名は成長痛でした



その後、3日ほどして痛みもすっかり治まったようすで、
今では「あれはなんだったの?」って感じです。


これで急激に背が伸びてくれればいいのだけど。




・・・・・・・・・伸びなかったら母子関係でしょうか。 考えすぎ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(^^
娘の友達も『成長痛』があった後、背が伸びましたよ〜。
私も『母親の性格』のせいじゃないと思いますけど〜?
とらっしゅぼっくすの住民
2008/01/10 15:54
>とらっしゅぼっくすの住民さま
やっぱり「成長痛」ってありますよねえ?わたしも周囲でそういう話を聞きますし。
なんで「母親の性格」だのという話になってしまうのでしょうね。。。。
ケロ太も背が伸びるかな。わくわくします^^
totomaru
2008/01/20 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
成長痛?神経痛? totomaruの なんでもない日常が全て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる