totomaruの なんでもない日常が全て

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり直接言ってみよう

<<   作成日時 : 2005/08/01 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

先日の幼稚園で「やる子」編 の続編です。


先生に手紙を渡してからすぐ次の日が終了日だったこともあり、なんの返事も音沙汰もないまま、もんもんとしていたわたし。

ちょうど夏季保育にケロ太を連れて行くと、電話番してたのが担任の先生だったので、突然お願いして個人懇談してもらうことができました。

そして、わたしがいろいろ思っていたことの中に、誤解があることもわかりました。

「ケロ太くんが相手の子を泣かせてしまったとき、何度も理由を聞いたのですが答えてくれなくて・・
ええ、そうなの?家ではあんなにベラベラと流暢に話してくれたのに。

「お手紙をもらって、”ああ、やっぱり理由があったんだなぁ”って思って、再度ケロ太くんに先生にも理由を話して欲しいとお願いしたのですが、やっぱりわたしには話してくれなくて」



ああ、そうだったんですか〜!
先生がケロ太の言い分を聞いてくれないんじゃなくて、ケロ太が先生にしゃべらなかったんだ。


夏季保育中のケロ太を呼んでもらって、たずねてみる。
「ケロ太、先生に弁当のふたの話、教えてあげてくれる?」と言うと、家での様子とはまったく違ってもじもじするだけ。
「いつもこんな感じで。。。お友だちともこんな感じなんですよ」と先生。


ありゃりゃ。すっかりわたし勘違いしてたよ。
わたしにはべらべらしゃべるし、お友だちともうまく遊んでる姿を見るから、てっきり園でもこういうふうかと思っていました。

ケロ太はわたしが何度かたずねると、「弁当のふたが逆向きだったから・・」と説明し始めた。
もちろん先生はそんなふうにしゃべるケロ太にびっくり。

「こんな感じでわたしにも話してくれるといいな〜」と言っていた。

わたしが推測してるように先生の中に「ケロ太はお友だちとうまく関われない」という固定観念があるのは実際ほんとうだと思うけど、それ以上にケロ太がこういう状態ならそう思われても仕方ないかも。

○○くんについても、
「とても楽しく遊んでるときも多いんです。特に○○くんのことをケロ太くんのほうが慕ってる様子なんですよ。だからああいったトラブルもできればあんまりケロ太くんに問いただしたりして、悪い印象を植え付けないであげて欲しいんです」

それで「この話はおしまい」って言ったわけか。
うんなるほど、一理あるかもなぁ。
ケロ太自身は○○くんと仲良しだと言ってるわけだし、あそこまでひどい怪我(鼻血)じゃなければ、親が介入することでもない。

なので、
「わかりました。ケロ太にはもうこの話はしないようにします。
が、○○くんがほんとうに悪気があったのかないのか、それはわたしには分かりませんが、
とにかく頭を押して床に頭を打ちつけるような怪我をさせるのはいけないと思います。

ほんとうは○○くんの親御さんに言っていただいて、そういう行為をしないように注意して欲しいんですけど。。。

(と、ここで先生がそれは園の方針的に難しいです。と言った)

では、先生にお願いしますね。
○○くんがケロ太の頭を押さえつけようとしたらいけないことだと注意してもらって、今後もうああいった怪我をさせないようにしてください」

言外に
”次回こういうことがあったら、ただじゃすまないぞ”と匂わせておく(笑)


それ以外にもなんだかんだと30分以上話し込んでしまった(;^_^A アセアセ・・・

前に園の行事として個人懇談があったとき、ケロ太は別室で話していたので、先生も「わたしといるときのケロ太」を見てなかったし、わたしも「先生といるときのケロ太」を知らなくて、今回こういった誤解が生まれたんだと思う。
今回こうしてケロ太も交えて話せたことは、ケロ太のことを理解してもらうってことで言えば、かなりよかったんではないか?

最後にとどめ。
「○○くん、ケロ太以外の子ともちょっといろいろありますよね?
直接お母さんに言っちゃおうかしら、なんてみんなで話してるんですよ。いやいや、それはちょっとねえ〜とも思ってるんですけど、やっぱりねえ〜(⌒▽⌒)アハハ!」


あら、わたし感じ悪い?(笑)


先生、ちょっと表情がこわばってました(笑


そんなことされたら、先生の責任問題ですもんねえええ。
これで○○くんのこと、どうにかせざるを得なくなったんじゃないかな。あはははは。


・・・・・・・・・あら、やっぱり感じ悪い?(笑)
このくらいじゃないとね、かわいいケロ太を守ってあげるんだ。うん。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
何だかとっても良くわかります。
娘も7月5日の「お友達との貸し借り」事件の時も同じ感じでしたよ。
その時も私に言ってる事と、先生に言ってる事が違っていて、先生と直接話して、話を継ぎ合わせてやっと本当の事がわかったのでした。
真実が分かっても先生は「探すのはあきらめて、もうその話はおしまいにしましょう」ムードでした。
幼稚園マニュアルでは、出来るだけ親同士で話合わないように、先生が間でストップを掛けて穏便に済ませましょうという事なんでしょうね。
それがベターな大人の解決法である事はわかるけど、子供の気持ちは伝えるべきだと思うので、先生とお話するのは大事な事だと思いますよ。
minmi
2005/08/01 22:02
なるほど。先生にしか見えない部分と親でしか見えない部分があったんですねぇ。直接お話してよかったですね!!
なんだかワタシもすっきりしました。
先生もたくさん子供がいる中、大変だろうけど、先生が上手く中間点となって、「こういうことは止めさせて。」と一言くらい注意してもいいですよねー。向こうの親はまったく知らないかもしれない訳で・・。知らないほうがカワイソウ・・・。
コンチャン
2005/08/03 09:53
とっても勉強になります 先輩!
手紙のやり取りじゃぁラチが開かない時ってありますものね
今の内から奥さん訓練しておくかな?
文章は得意なのですが、口頭でのやり取りは苦手なので。。。
まぁ保育園の先生が若くて綺麗な方でしたら僕が出張ってもいいと思って…いやむしろ僕が行きたい!
おっと話がそれてしまった(^_^;)
夏休みで大変でしょうけどガムバッテね
ちとし
2005/08/03 15:57
>minmiさま
「お友だちとの貸し借り」事件、読ませていただきました。
やはり親としては「いったいどれが真実なの?」ということが知りたいんですよね。
そしてどこの幼稚園でも親同士で話し合うのではなく、園でストップという感じなんでしょうね。
でもとりあえず先生とお話したことで疑問や今度の対応などがわかってよかったです。
これから幼稚園でいろんなことがあると思いますが、子供にとって最善だと思われることを頑張っていきましょうね!
totomaru
2005/08/05 19:37
>コンチャンさま
前回の記事でコンチャンさまはじめ、たくさんの方に励ましていただいたおかげで、先生と話し合う勇気がもてました。ありがとうございました(^○^)
>知らないほうがカワイソウ・
ほんとそう思います!自分の子のことは、イイコトも悪いことも全部知っておきたい。でないと、ちゃんと理解してあげられないと思うから。
そう思うと、園の”穏便に済ませたい”という方針はいいのか?と思ったりしますが、園にしてみてもトラブルは避けたいからしょうがないのでしょうね。
でもこれからもわたしは「うるさい親」で頑張ります(笑)
totomaru
2005/08/05 19:40
>ちとしさま
>いやむしろ僕が行きたい!
これが一番先生に効果があるみたいですよ〜(笑)先生としても父親まで出てこられたら大事ですからね〜。しかも最近の先生はみんな若くてかわいい・・おっと。
やはりメールや手紙より5分話すだけでお互いの理解って全然違ってきますよね。
奥様もかわいいミホちゃんのためなら、すごい豹変するかも??いやいや、失礼しました。
夏休み、暴れまわる子供たち×2で大変ですぅぅぅ。。゙(ノ><)ノ ヒィ
totomaru
2005/08/05 19:44
はじめまして。
こちらを覗いてみて『ウチだけじゃないんだ〜』と思いました。
読んでいてとても参考になりました。
我が家もはじめは手紙で相談してましたが先生には伝わりませんでした。喧嘩両成敗のような言い方をされ問題視されませんでした。直接話したりまたは主任先生と話したりし状況が少し変わりました。いざとなれば私は参画も視野にいれてます。
ちょきぞう
2005/08/05 21:01
>ちょきぞうさま
コメントありがとうございます(*^^*)
ちょきぞうさまのブログを拝見させていただき、お子様の性格がケロ太と似ているようで大変共感しました。
担任の先生もたくさんの子供を見るのは大変かもしれませんが、信頼して預けている以上怪我やケンカはきちんと対処して欲しいですよね。
子供のためにこれからもがんばりましょう!
またちょくちょくブログを拝見させてくださいね。
totomaru
2005/08/05 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり直接言ってみよう totomaruの なんでもない日常が全て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる