totomaruの なんでもない日常が全て

アクセスカウンタ

zoom RSS 親子ケンカ その後

<<   作成日時 : 2004/12/23 03:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

わたしのつたないブログ記事の中でも、1位2位を争う大反響のあった 親の義務 子の義務 ですが、その後の経過です。


実家に世話になってる妹が、母が弁当を間違えて買ってきたことに激怒し、大喧嘩に発展。家族中を巻き込んでの大騒ぎになった・・・というのがいきさつなのですが、

あれから1ヶ月あまり。

妹もさすがにバツが悪いのか、なんなのか、連絡を取ってきたりはしませんでした。

ただ、母のほうが

「あの子はちゃんとやってるのかねぇ?心配だねえ。連絡取ってみようかねえ」なんて言い出し始めてしまい、こりゃちょっといけない方向だなぁと思っていたんです。

元々母は非常〜に心配性なので、( ばあばというものは・・・・ 参照)一ヶ月連絡を取ってない、というのは過去最高の冷却期間かもしれませんね。


何が一番問題かっていうと、実は妹は現在家を建てている最中でして、つい先日完成してお引越しも済んだのですが、1歳児を連れての家具屋めぐり、建築屋との打ち合わせ、引越し準備とかね。
そりゃたしかに大変だろうなぁ。助けてあげられるところは助けてあげてもいいなぁと思わないでもないですが、

でもあれだけのケンカをしたんだから、妹から謝ってくるまでは手を貸すのはだめだ

と言い聞かせて(母に)いたわけなんです。


でも、恐れていた事実が・・・・。



なんでもない内容のメールが来て、母がそれに返信するようになり、以前のように普通に話すようになったそうです。
実家にも顔を出したり(さすがに以前のように毎週お泊りはしてませんが)。


わたしと姉は「はぁ〜?(怒)」。


あれだけのことを言われておいて、妹が「明日、新居の掃除に行くんだけど、姪を預かって」といわれて、ホイホイOKしてるんですよ。


先に言うべきことがあるだろ〜〜〜〜〜!!←謝罪


という感じです。

母は、一度ちゃんと話をしてから接するべきだ、と言う話にも耳を貸さず、
「あの子は今大変な時期だから、今はいいの。落ち着いたらまた言うわ」という。


でもそれじゃあ遅いのですよ〜!残念っ!



そんなこんなで1〜2週間が過ぎ、妹がでかい包みをもって現れたそうです。
包みの中身はカーテンのロール。
(カーテン生地がロールのままで入っていた)

なんかね、お祝いでカーテン生地をもらったそうなんです。

カーテン生地のお祝いってのも・・・微妙だなぁと思うわたしですが(^^;;
だってせっかくの新居、自分の気に入ったカーテンがいいですよね?


でもね、普通の人にカーテン、それも新居ってなくらいですから、すごい窓の枚数ですよ?
自分で採寸して、生地を寸断して、ミシンで縫うわけです。

子供のためによだれかけすら作ったことのない妹には絶対無理!ってことで、「じゃお母さんにやってもらお〜♪」ってね。

で、さすがに母もちょっと( ̄д ̄) エーって思ったみたいで、そのときにちゃんと話をしたらしいです。
噂によれば、妹は泣きながら謝ったとか。←直接の話じゃないので不確かですが


母はそれでこのケンカは一件落着ということで、カーテンを作ってあげることにしたそうです。


・・・・結局、母は妹に甘いんだから。


いや、もしわたしが母と盛大なケンカをした後に謝ってもない状態なら、カーテン生地もらってもそれを持って、業者に頼むと思う。たぶん。
だって言い出しにくいじゃないですか。


話をしただけマシかな。今まではなぁなぁになってきてたから。
これで妹が少しでも変わっていってくれることを祈ります。




でもね、ホントいうと、母の気持ちが分からないでもないです。

子供を二人生んで、こうして育ててる今、



子供が何かに困っていたら、全力で助けてあげたい。




と思いますよね。
たとえ、それがちょっといたらない子供(笑)でも、生意気でも、親に迷惑ばっかかけてるとしても。


よくテレビで見る「オレオレ詐欺(今は振り込め詐欺って言うんですよね)」は、そうした心理に基づいているわけで、ある意味すごいポイントをついてきてるなぁと思います。


また折を見て、わたしからも話をしてみようかな。

そうした親の心理を、今度は妹が姪に感じてもらえるように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
totomaruさん、こんにちは〜。
そうね〜。親になってわかる・・・って、ほんとですよね〜。絶対にわかるもんか!って思ってましたけど、今では私もすっかり・・・親(笑)。
ぐるんぱ
2004/12/23 16:42
 なんだか思い当たるフシがあるのよね・・・。
ここまでのことではないけれど、何かあって
「決して口なんかきくものか!!」なんて
思うんだけど、どうしても長続きしないのよね(ま
だ私の若い頃の話だけどね・・・)
 これが親子ってものか、と妙に納得した覚えがあ
ります。

 人間として成長する(させる?)ためには親も
時として鬼にならなくてはいけないときもあると
思います。
「自立した大人に育てる」これが親の義務なのかな。
おかっち
2004/12/23 22:28
妹さんの事、気になってたので話題になって安心しました。
「泣きながらの謝罪」が本当なら嬉しいです。

どうやら私も泣きながらの謝罪をした事で、一目おかれた(?)事があったようです。

子を育てる親の義務って深いですね。
まだ私は空龍に育てられてる身なので、そこまで全然届いてないけど、
「まだ私が小さかった頃の父や母ってこんな気持ちだったのかな〜」
なんて思えるようにはなりました。

お祝いにカーテン生地・・初耳です。
どうなんだろう、実際??
umesora
2004/12/24 05:01
なにはともあれ年内に解決(?)できて良かったですね
親子断絶のまま新年を迎えるのもねぇ。。。
お母さんへのカーテンのお礼とかも含めて徐々に「一般常識」を教えていくしかないのかなぁ
でないと「なんでお礼?作ってくれるっていうから頼んだのよ」とか言いかねないですから(>.<)
ちとし
2004/12/24 11:20
「親の義務子の義務」の日記をちょうどバタバタしているころだったので
読んでいなかったのであわせて読ませていただきました。
ケンカの発端はちょっとそこまで発展することか?と思うところでしたが
なんとなく親子っていつの間にか仲直りできるものと思っています。
これが血のつながりなのかなぁって・・。
どんなにむかつくことしてもされてもいつの間にか許されたり許してしまうんだよね。
妹さんは末っ子だなぁと思う面とまだまだ子供だなぁと思うてんがあります。
うちの末妹の場合ですが,あの子の場合,家でだけなのよね。そうやって甘えているの。姉がふたりいたことによって,小さいときから周りの子より知っていることも多かったりして外ではお姉さんぶって偉そうにしているらしいの。totoちゃんの妹さんも実家だから,家族だから甘えているんじゃないのかな?

カーテンってもしかして家のすべてのカーテンをくれたのかな?
すごい〜〜。でも趣味とか同じだったのかな?
どうせなら仕立てまでしてくれたらよかったのにね・・・。

たま
2004/12/24 11:37
>ぐるんぱさん
コメントありがとうです!ぐるさんこんにちは〜♪
そうそう、子供のときって「なんで親ってわたしの気持ちを分かってくれないんだろう?」って嘆いていたけど、今では「なんで子供はわたしの気持ちをわかってくれないんだろう?」って思ったりして(笑)
こうして世代が受け継がれていくのかな?なんてしみじみ思ったりしてるわたしです。
totomaru
2004/12/26 01:30
>おかっちさん
うんうん、親子ってやっぱ「切っても切れない縁」っていうか、不思議とちゃんと仲直りするんだよね〜。いいたい事が全部言い合えるのも親子ならではだと思うし。
ただ、おかっちさんの言うように「自立した大人に育てる」のは大事な親の義務なんだと今は思います。そのくらい、甘やかすのは簡単だということです。
このことを肝に命じて、ケロ太&バム也を育てていかなければ!なんて(笑)ま、男の子はほっといても勝手にわたしから卒業してしまうのだろうね。それもちと寂しい(^^;;
totomaru
2004/12/26 01:33
>umesoraさん
気にしててくれてありがとう(*^^*)これで妹も成長してくれてるといいなぁと思います。実は今日、「わたしがどれだけ親に頼って生きてきたかが分かった。この前のことはほんとにごめんなさい」というメールが母に来たそうで、母はやっと分かってくれたと泣いていました。これでほんとの一件落着になりそうです。

umesoraさんの「空龍くんに育てられてる身」と言うその謙虚さが、きっと空龍くんを素敵な大人に育てていくんだろうなぁと思います(*^^*)いやだってさ、やっぱ育ててやってるなんて言われると、正論だけどムッとするもんねえ(^^;;子供としては。

お祝いのカーテン生地・・・。ミシンの神様が降りてくる人ならいいと思うんだけど(笑)妹はミシンすら持ってないので、ほんとに困ったそうです。好みもあるし、お勧めしません(;^_^A アセアセ・・・あ、一緒にお店に行ってお金を出すならグッ!! ( ̄ε ̄〃)b
totomaru
2004/12/26 01:40
>ちとしさん
ね〜やっぱこのまま新年を迎えるってのも母としては辛かったんでしょうね。ま、↑にも書いたのですが、心底分かってくれたようなので、これからの妹に期待したいと思います。
「一般常識」はあんまり持ち合わせていない妹ですので(卒業してすぐ結婚してしまったので)、わたしがこれから少しづつ教育していきますね。とりあえずはカーテンのお礼と、お中元お歳暮かな。「親しき仲にも礼儀あり」ですよね。
totomaru
2004/12/26 01:43
>たまちゃん
ううむ、妹は外(社会)でもそんな感じだと思います。末っ子だんなに嫁いだから義両親宅でも甘えるばっかりだしね。だからこそ、今回のケンカは見過ごせなかったのね。このままだと自立した大人になれない気がしてさ。
自分が親になってみると、いろんなことを感じるよね。とりあえずは「嫁とは仲良くしよう」(笑)かな。わたしは将来姑にしかならないので(^^;;お嫁さんとは仲良くしておいたほうがいいってことがよく分かりました(笑)

カーテン・・・いちおう、レース生地のカーテンだから、まあ趣味とかそんなに関係ないんだけど、普通のシンプルな何の模様もないやつなのね。妹は厚手のカーテン生地とおそろいにしたかったらしいので、ちょっとがっかり、という感じです。どうせなら仕立て代も〜!って思うよねえええええ。
totomaru
2004/12/26 01:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
親子ケンカ その後 totomaruの なんでもない日常が全て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる