totomaruの なんでもない日常が全て

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育士さんにのぞむこと 【再考】

<<   作成日時 : 2004/11/05 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
一つ前の「保育士さんにのぞむこと」 について、保育士さんからのトラバ、コメントを多数頂き、反響の多さに恐縮しておりますtotomaruです。

ってなわけで、保育士さんたちからの意見を胸に、もう一度再考してみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日、ケロ太とお友だちで遊びに行きました。
そこには緩やかな傾斜になった芝生の丘があり、たくさんの子どもたちがきゃっきゃ言いながら、ゴロゴロ〜っと転がっていました。

するとお友だちの子が
「ぼくもやる〜!」といってゴロゴロ〜っとやり出しました。
(たいていの子はこういう感じですよね?)

ケロ太は?と聞くと「しな〜い」
でも転がっている子を見ては嬉しそうににっこりして、後を追いかけたりしている。


お?興味はあるんだね?

う〜ん、ケロ太もきっかけがあればやるようになるかもしれないなぁ。楽しそうに見てるもんなぁ。と思ってどうしようか考えてると、

一緒に行ったお友達がケロ太を捕まえると、

「ほらぁ〜ゴロゴロ〜って楽しいよ〜」って言って抱きかかえてゴロゴロしてくれたんです

それを数回繰り返した後、それを見てたお友だちの子が

「ケロちゃん、こうだよ〜」と言って、ケロ太を捕まえて倒して一緒に(強引に?)ゴロゴロ〜(笑)

もちろん最初はびびってたし、芝生が口に入って嫌がってたけど、


そのうち楽しくなってきたみたいで、自分からゴロゴロ〜っとするようになったんです!
>写真参照

一回成功しちゃうと俄然楽しくなってきたみたいで、お友だちの子と並んでは一緒にゴロゴロ〜(笑)ゴロゴロ〜。ゴロゴロ〜。←やれるようになるとしつこい


す、すごいっ!(*'▽'*)わぁ♪
自分からやるようになっちゃった!




きっかけはお友だちがケロ太を抱きかかえてやってくれたからですよね。
で、次にお友だちの子がケロ太にやりかたを教えてくれたわけで、

その2つがなかったら、芝生に寝転がってゴロゴロするっていう楽しさを知らずに過ごしちゃったわけですよね。

そう考えると、まず大人が誘導し、子どもたち同士でもまれる、
ケロ太のおとなしさ(?)をいい方向に伸ばすのはこの遣り方って大成功でした。

ほんとありがとう!ふふふ、照れないで読んでね(笑)


だからこそ、産院の託児では残念だったんです。
子どもをうまく誘導できる技術も知識も経験もある保育士さんがほったらかしでおしゃべり・・・・
もったいないなぁ。もし何かきっかけを作ってくれたら、子どもはもっと成長できたかもしれないのに。ケロ太だけじゃなく、他の子たちもね。


マタニティビクスから託児付きで通っているんで、前回で通算30回目の託児なんです。
30回って・・・けっこうすごいですよね?
ケロ太の性格だって分かってると思うんですけどねぇぇぇぇ。


以前、違う保育士さんのペアだったとき、ボールプールに設置されたバスケットゴールに、誰が上手に玉入れ できるか〜って遊んでて、すみで絵本を読んでいたケロ太をうまく誘導してくれたみたいで、しばらくして覗くと一生懸命ボールを放り投げているケロ太の姿を見たことがありました。
それまでボールを「投げた」ことがなかったのに、上手に投げれるようになって、我が家にある同じようなおもちゃで今でも喜んで遊びます。

ケロ太はパズルが大好きで、最近よくやるのは96ピースなんですが、
最初はわたしに作れって言うんです。それを何十回も何百回も(ーー;)。
傍で見ててしばらくすると自分でも作るようになり(←このときは手助けが必要)、
そのうちひょいと自分ひとりで作れるようになっちゃいました。
よく考えるとこれもわたしが誘導したことのうちの一つですよね。

たかが2時間の一時託児ですが、その2時間で「子どもはもっともっと成長していくかもしれない。その手助けをできるのは自分(保育士さん)なんだ」と思ってくれるといいなぁと思います。
まあとりあえずあと3回の託児、預けるかどうするかはいまだ考え中(;^_^A アセアセ・・・

日々がんばっている保育士さんをたくさん知っています。
そして子どもと楽しく遊んでくれるお友達やお友だちの子。
そういう方たちにいい影響をたくさんもらって、ケロ太は成長しています。


これからもそういう方と出会っていい影響をたくさんたくさんもらって、

どんどんいい男になるように育てていけたらいいなぁと思います(笑)


全国の、子どもたちの未来を育てる手助けをしている保育士さん、

がんばってくださいねp(#^▽゚)q ファイトッP



(ぼそっ)ケロ太の幼稚園の先生がケロ太のこと、分かってくれるといいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、子供って「したいけどどうやってやればいいの?」って初めは思うんだよね。それをいつ、親や大人の人が気づくかがポイントだよね。
タイミングをずらしちゃうと逆に嫌がるし・・
子供のサインを上手に見つけれるようになると、これからもケロちゃん大きくなっていくよ♪
祭日はほとんど予定のないきゃもなのでいつでもお誘い待ってるよ♪
うちの息子がケロちゃんにいい刺激になってくれてると思うとこっちも嬉しいです(#^.^#)
きゃも
2004/11/05 21:06
ケロちゃん楽しそう!たぶん虎も最初はやらない派だと思う(^-^;)
親とか周りの人の働きかけって大切なんだね。
お友達とお友達の子はすごいね!ケロちゃんの気持ちを変えちゃうんだもん!!
産院の保育士さん、もうちょっと子供の事を見ててくれるといいね。
あと3回の託児はいい保育士さんに当たるといいね〜(^ー^* )
kotoa
2004/11/05 23:52
>きゃもちゃん
子どものサインかぁ・・・・今まで見過ごしてきたかも(ーー;)。
そういえば、無理にやらせようとしてすごい嫌がられたりしてたしなあ。
きゃもちゃん見習ってこれからケロ太のサインを捕まえて、いい方向に導いてあげたらいいなと思います。先輩〜よろしくね〜ん(*^^*)
祭日、もちろんわたしもいつも暇なので(笑)遊んでくださいね〜♪
totomaru
2004/11/06 23:22
>kotoaちゃん
虎くんも最初はやらない派? 積極的な感じに見えるけど、そうじゃないんだね。
ケロ太はびびりで慎重派なので、今まで無理にやらせようとして失敗してきたけれど、今回のことで親や周囲の人の働きかけが重要だってことがよく分かったよ。
子どもを育てるのって難しいねε-(´・`) フー
産院の託児、たぶんもう利用しないと思うのね。やっぱりちゃんと見ててくれる人じゃないと、心配で預けられないもんね。。。。
いい託児のある施設がないかなぁ。
totomaru
2004/11/06 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育士さんにのぞむこと 【再考】 totomaruの なんでもない日常が全て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる